メモリ容量の目安はどれくらい?【増設メモリの選び方も徹底解説】

PCにおいて、メモリはとても大切な役割をするパーツのうちの一つです。

メモリが不足すると、PCは急に速度が遅くなったり、動作が不安定になったり、最悪フリーズすることもあります。

PCに最適なメモリ容量の目安はそのPCでやることによって違いますが、ゲーミングPCでは16GBといわれています。

この記事では、ゲーミングPCに最適なメモリの目安容量を解説しています。

さらに、十分なメモリがない状態のPCを使用したら何が起こるのかや、メモリの種類・規格についても触れています。

メモリの容量が目安に足りないゲーミングPCを使っているのであれば、様々な不具合が起こる可能性があります。

この記事で自分のゲーミングPCのメモリが足りているかどうか確認し、足りなかったら、メモリの増設も検討することをお勧めします。

その際、この記事に書いてあるメモリの種類・規格の説明も役に立つでしょう。

ゲーミングPCのメモリ容量目安は16GB

ゲーミングPCの場合、一般的にメモリ容量の目安は16GBといわれています。

メモリとはCPUで処理するデータを一時的においておく場所ですが、データが入りきる十分な容量の目安が16GBなのです。

32GB以上のメモリを積んでも、データ量が16GBを超えない限り、残りのメモリ容量は持て余してしまいます。

32GB以上のメモリを搭載するデメリットは基本的にはないですが、多くの場合16GBで足りますので、16GBが目安といえます。

なお、より詳しくはこちらの記事を見てください。

動画・画像編集・ゲーム実況配信をするなら32GB

先ほど、ゲーミングPCのメモリは16GBが目安と書きましたが、動画編集やゲーム実況配信などもするのであれは、32GBのメモリを搭載することをお勧めします。

動画や重たい画像は、メモリを大量に消費します。

また、ゲーム実況配信では、ゲーム本体に加えて配信アプリを同時起動することになります。

この2つを同時に起動してもメモリ不足が起きない容量は、32 GBと言えるでしょう。

 

このように、メモリの目安容量はゲーミングPCの使い方によって変わってきます。

ちなみに、ゲーミングPCではないですが、オフィスソフトをメインで使うような用途であれは、メモリ8GBでも足りることが多いでしょう。

もしあなたが持っているPCが十分なメモリを積んでいなかったら、メモリを増設することをお勧めします。

メモリの増設は簡単です。こちらの記事に画像付きで解説しておりますので参考にしてください。

メモリとはなにか

ところで、そもそもメモリとはどういう部品なのでしょう。

メモリとは、CPUなどで処理するデータを一時的においておく場所です。

CPUはデータを処理するときに大量のデータを読み込みますが、そのデータを一時的に置いておく場所が、メモリです。

同じデータ置き場であるストレージとよく比較されますが、ストレージとの違いは

  1. メモリは電源を落とすとデータが消えるけど、ストレージは電源を落としてもデータが残ること
  2. メモリは非常に高速だけれどもストレージは遅い
  3. ストレージはデータを保存しておく場所、そのストレージからデータを取り出して一時的に広げておく場所がメモリ

といえます。

例えて言うならストレージとメモリは、作業机と本棚のような関係になります。

図のように、人が作業をする時、机の上に広げてある本やノートを使います。

机の上に広げてある本やノートはすぐに読んだり書き込んだりすることができるのですが、本棚にある本やノートを読んだり書き込んだりするには、一旦立ち上がって本棚に取りに行き戻ってきて広げて、と言う作業が発生します。

つまり、その分時間がかかります。

メモリ上に広げてあるデータはすぐ処理できるけれども、ストレージにあるデータを使うときには、一旦ストレージにデータを取りに行って、読み込んだデータをメモリに広げるだけの時間が追加でかかります。

このように、ストレージから必要なデータを取り出しておいて、CPUがデータを処理する際、高速にデータを送ることでCPUの作業を効率化するための部品がメモリです。

メモリ不足が引き起こすこと

ではそのメモリが不足すると、どういったことが起こるのでしょうか。

結論から言うと、処理の遅れが発生します。

メモリが足りないと、ストレージとのデータのやりとりが頻繁に発生します。

机と本棚に例えるなら、机が狭すぎて資料を全部広げることができないので、必要な本を何度も本棚に出したり戻したりしている状態です。

つまりそれだけ作業に余計な時間がかかります。

また、メモリの容量が極端に少ないと、パソコン本体の動作不安定や、パソコンのフリーズにつながることもあります。

このように、メモリが少なすぎると処理の遅れやフリーズ・動作不安定などにつながるので、適切な容量のメモリをパソコンに搭載することが大切です。

メモリの種類・規格について

先ほどメモリの増設は簡単と書きましたが、メモリを増設する際、正しい種類の増設用メモリを選ぶことはとても重要です。

規格・仕様(速度)を間違えると、メモリを増設しても認識されなかったり、動作が不安定になったり、PCに取り付けられないようなことにもなりかねません。

また、メモリの増設方法も正しいルールに従って行う必要があります。

具体的には、同容量メモリ2枚1組で増設するというルールがあります。

ここでは自分のPCに最適なメモリを選ぶために必要な知識である、メモリの種類・規格、メモリを増設するときのルールについて触れていきます。

 

DDRメモリの規格・仕様(速度)

現在使われているメモリはDDRメモリと呼ばれるタイプのものが主流です。

またそのDDRメモリにもDDR5、DDR4、DDR3などの規格があります。

DDR5、DDR4、DDR3メモリはすべて別物ですので、例えばDDR5メモリに対応したパソコンに、DDR3メモリを搭載することはできません。

他のメモリも同様です。

また、基本的には、数字が大きくなるほど高速です。

つまり、DDR4メモリはDDR3メモリより高速で、DDR5メモリはDDR4メモリより高速です。

また同じDDR5メモリ、DDR4メモリ、DDR3メモリの中でもいくつかの、速度に関する仕様があります。

DDR5であれば、PC5-38400、PC5-32000など、DDR4であれば、PC4-25600、PC4-12800などです。

基本的には-の後の数字が大きければ大きいほど高速です。

また、この種類をDDR5-4800のような別の表記で記載することがあります。DDR5-4800=PC5-32000です。

この2種類の表記の対応は以下の通りです(DDR3/4/5の主なもののみ抜粋)。

メモリを増設するのであれば、この速度が、既に搭載されているメモリと全く同じである必要があります。

■DDR5■

DDR5-oooo表記 PC5-ooooo表記
DDR5-4400 PC5-35200
DDR5-4800 PC5-38400
DDR5-5200 PC5-41600
DDR5-5600 PC5-44800
DDR5-6000 PC5-48000
DDR5-6200 PC5-49600
DDR5-6400 PC5-51200

 

■DDR4■

DDR4-oooo表記 PC4-ooooo表記
DDR4-1600 PC4-12800
DDR4-1866 PC4-14900
DDR4-2133 PC4-17000
DDR4-2400 PC4-19200
DDR4-2666 PC4-21333
DDR4-2933 PC4-23466
DDR4-3200 PC4-25600

 

■DDR3■

DDR3-oooo表記 PC3-ooooo表記
DDR3-800 PC3-6400
DDR3-1066 PC3-8500
DDR3-1333 PC3-10600
DDR3-1600 PC3-12800
DDR3-1866 PC3-14900
DDR3-2133 PC3-17000
DDR3-1600 PC3-12800
DDR3-1866 PC3-14900
DDR3-2133 PC3-17000

 

※引用:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/DDR3_SDRAM
https://ja.wikipedia.org/wiki/DDR4_SDRAM
https://ja.wikipedia.org/wiki/DDR5_SDRAM

メモリは2枚1組

次に、メモリをPCに搭載するときのルールについて触れます。

メモリは同じ容量のメモリを2枚1組でパソコンに搭載するというルールがあります。

これはデュアルチャネルと言う仕組みによるもので、2枚のメモリから同時にデータを読み込むことでデータの読み込みを高速化させています。

メモリを増設する際には、基本的に同容量2枚1組で増設しましょう。

ただし、一部のノートPCなど、ごくまれに例外(1枚で増設する、など)がありますので、メモリの空きスロットが1つしかない場合などは、取扱説明書をしっかり確認しましょう。

 

メモリに関するQ&A

自分のPCに搭載しているメモリの種類はどこで確認すればいいのでしょう

メモリの種類を確認するにはCPU-Zというフリーソフトを使用します。

CPU-Zをインストールして起動すると、まずCPU情報が表示されている画面になります。

kの状態で上部「Memory」タブを開き、画面左上「General」内「Type」のところに記述されているのがメモリの種類です(赤枠内)。

メモリの速度は、DRAM Frequencyのところにある「1328.8MHz」の数字部分を2倍にした値に近い数値です(青枠内)。

1328.8×2=2657が2倍にした数値ですが、これに近い値で、「DDR4-2666」となります。

数値がずれる理由は、DRAM Frequencyの値は速度(周波数)の実測値だからです。

規格上は2666ですが、実際には多少上下して計測されるのです。

CPU-Zはこちらからダウンロードしてください

 

メモリを増やさずにメモリ不足を解消する方法はありますか

同時に起動しているアプリの数を減らすことで、ある程度解消します。

例えば、Chromeで同時につかうタブ数を減らしたり、いままでExcelとChromeとメールソフトを同時起動していたのであれば、メールを見るとき以外メールソフトを終了させておくなどの方法で、同時に使用するメモリの量を減らせるでしょう。

しかしこのような方法で減らせるメモリ使用量はそれほど多くなく、根本的な解決には、メモリの増設が必要といえるでしょう。

まとめ:ゲーミングPCのメモリ容量目安は16GB

  • メモリ容量の目安は、ゲーミングPCの場合は16GB。動画編集やゲーム実況配信をするなら32GBは欲しい。
  • メモリはCPUが処理するデータを一時的においておく場所。不足すると、PCの動きがが遅くなったり、動作が不安定になったり、フリーズしたりすることがある。
  • メモリには様々な種類・規格・PCに搭載時のルールがある。メモリを増設するときは、それらをすべて守る必要がある。

参考サイト:ドスパラ

「DDR5メモリとは」

https://www.dospara.co.jp/5info/cts_str_parts_ddr5

「メモリにも種類がある?DDR4のメモリは何が違うの?」

https://www.dospara.co.jp/5info/cts_str_parts_ddr4