グラボメモリ(GPUメモリ|VRAM)とは|メインメモリとどう違う

GPUメモリとか、VRAM(Video RAM)という言葉を聞いたことありますか?

ゲーミングPCやグラフィックスカードのスペックを見ると、「VRAM○GB」という形でGPUメモリの容量が示されています。

これはいったい何なのでしょう。

GPUメモリ(VRAM)とは、グラフィックス専用のメモリです。

このメモリは、通常のPCメモリであるメインメモリとは異なり、グラフィックス処理に特化したものです。

 

この記事では、GPUメモリ(VRAM)とは何かを解説し、また、GPUメモリ(VRAM)が不足するとどのような問題が発生するかについても触れています。

一般の方にも理解しやすいように、「VRAM○GB」という表示の意味についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

※なお、以降はGPUメモリと表記します。

GPUメモリについて解説(初心者向け)

GPUメモリとは、グラフィックス処理専用のメモリです。

つまり、GPUが処理中のグラフィックスデータを一時的に保持し、再び処理する際に必要なデータを読み込む場所です。

詳細について見ていきましょう。

GPU メモリ(VRAM)とは

GPUメモリとは、グラフィックス処理中のデータを一時的に保存し、GPUが効率的にアクセスできるようにするための専用メモリです。

例えば、ゲームをプレイする際に表示される画像データは、このGPUメモリに一時的に格納されます。

ゲーミングPCやグラフィックスボードのスペックに書いてある「VRAM○GB」という表記は、グラフィックスカードに搭載されているGPUメモリ(VRAM)の容量を示しています。

例えば、VRAM2GBは、グラフィックスカードの専用メモリとして2GBの容量が確保されていることを意味します。

この容量が多いほど、大きな画像データを取り扱ったり、高解像度の画像を処理したりする際に優れた性能を発揮します。

また、解像度やフレームレートが高いほど、必要なGPUメモリ容量も増える傾向があります。

そのため、高性能なグラフィックスカードほど大容量のGPUメモリを搭載していることが一般的です。

例えば、2024年現在、多くのゲーミングPCに使われているGeForce RTX 4060では8GBのGPUメモリを搭載したものが主流ですが、上位モデルのGeForce RTX 4080になると、GPUメモリ16GBのモデルが中心になります。

上位グラボになればなるほど、処理速度が速くなり、一度に処理をする画像データの量が増えるので、その置き場であるGPU メモリの必要量も増えるのです。

 

GPUメモリ(VRAM)とメインメモリ(RAM)の違い

このようなGPUメモリですが、よくメインメモリと比較されます。

メインメモリがPC全体の作業スペース(作業机)だとしたら、GPUメモリは画像処理専用の作業スペース(作業机)といえます。

同じ作業スペースでも、GPUメモリは画像処理専用なのです。

また、GPUメモリは構造上メインメモリより高速な処理が求められるため、専用の高速メモリ半導体が使用されることが一般的です。

2024年現在、メインメモリに使われているのはDDR4・DDR5メモリが主流ですが、GPUメモリには、それより高速なGDDR6が主に使われています。

(GDDRというのはGPUメモリ専用に作られているメモリ半導体です。)

GPUメモリ消費量の確認方法

GPUメモリの消費量は、タスクマネージャーから確認できます。

①スタートメニュ-の上で右クリック→タスクマネージャ

②「パフォーマンス」タブをクリック

③左側「GPU」をクリックし、右側の赤枠内に表示されるのがGPU使用率です。

なお、その右隣にある、「専用GPUメモリ」内「/」の右側が、グラフィックボードに搭載されているVRAMの容量です。

 

GPUメモリが不足すると起こる不具合

GPUメモリが不足した場合に起こる、主な不具合は以下の通りです。

  • 画像やテクスチャが表示されない
  • 画面表示が遅延し、ラグが発生する。もしくは画面が表示されない
  • フレームレートが低下する
  • 映像がカクついてコマ送りのようになる。スムーズな映像として表示されない。

GPUメモリの容量が不足すると、これらの問題が画面表示や処理速度に影響を与えることがあります。

最悪の場合、画面が停止して何も表示されなくなることもあります。

 

まとめ:GPUメモリ(VRAM)は画像処理専用のメモリ

  • GPUメモリは、画像処理専用のメモリであり、VRAMとも呼ばれます。この専用メモリは、画像データを効率的に処理するための作業スペースとして機能します。
  • メインメモリとの違いは、メインメモリが一般的な作業に使われるのに対し、GPUメモリは画像処理に特化していることです。
  • GPUメモリの不足は、画面表示や処理速度に様々な問題を引き起こす可能性があるため、適切な容量のGPUメモリを持つことが重要です。

関連記事
GPU使用率の目安はどれくらい?高すぎる原因とその対処法

参考記事
VRAMとは?ビデオメモリとの違いは?(Dospara Plus)

ビデオメモリ 【video memory】 VRAM / video RAM / グラフィックメモリ(IT用語辞典 e-Words)


    お問い合わせフォーム